Googleトレンドで注目のトピックを発掘!おすすめの使い方を徹底解説

Googleトレンドで注目のトピックを発掘!
おすすめの使い方を徹底解説

Googleトレンドで注目のトピックを発掘!おすすめの使い方を徹底解説

目次 ➖

本記事では、Googleが提供する大変便利なツール、「Googleトレンド」について解説します。

Googleトレンドは、2006年5月に開始されたトレンドキーワードチェックツールです。

Googleトレンドとは

Googleトレンドとは、Googleの検索データを基にした無料のツールで、特定のキーワードの関心度の変化や地域・カテゴリ別の検索ボリュームの推移をグラフで提供します。

このグラフは時間軸や地図上で見ることができ、様々な角度からキーワードの人気を分析することができます。

これを活用すれば、現在注目が集まっているトピックや将来伸びそうなトレンドを調査し、戦略を立てることが可能になります。

例えば、マーケティングや広告の分野では、Googleトレンドを使って消費者のニーズや関心を把握し、ターゲットやメッセージを最適化することができます。

Googleトレンドはシンプルなインターフェースを持っているので、ユーザーは特定のキーワードを入力するだけで、そのキーワードに関する詳細なトレンド分析を得ることができます。

Googleトレンドの使い方

Googleトレンドの概要

Googleトレンドとは、Googleの検索データを基に、特定のキーワードやトピックが時間経過と共にどの程度検索されたかを可視化するツールです。これによって、ユーザーは特定の検索語句の人気度の推移を把握することが可能になります。

なお、Googleトレンドはすぐに利用可能で、特別な設定や登録は必要ありません。誰でも利用できるため、手軽に検索ボリュームのトレンドを調査できます。

Googleトレンドの基本的な使い方

Googleトレンドの基本的な使い方として、以下のようなものがあります。

キーワードを指定した人気度の推移調査

指定のキーワードで、「日本などの場所、期間指定、カテゴリ選択、Web/画像/ニュース/Googleショッピング/Youtube検索」などの検索種別を選択し、人気度の推移を調査することができます。
また、地方(例えば東京や大阪、京都など)での関心の推移を確認することもできます。指定したキーワードの関連トピックや関連キーワードの推移の画面に移動するメニューもあり調査が可能です。

Googleトレンドの人気度

今日のトレンド

ニュースなどでたくさん取り上げられ、たくさん検索されている今日のトレンドが「キーワード」として表示されます。関連ニュース記事へのリンクや、どのぐらい関心が集まっているのかを数値で表示します。

興味関心が集まっているトピックを把握して、Twitterで話題に混ざったり、発信のネタにすることで興味を集めたりするための調査が楽になります。

リアルタイムの検索トレンド

エンタテイメント、スポーツ、トップニュース、ビジネス、科学&テクノロジー、健康などのカテゴリを選んで絞り込むこともできます。

24時間以内のトピックで急上昇しているキーワードやできごとを確認することができます。

Googleトレンドリアルタイム

Googleトレンドの活用事例

Googleトレンドは様々な分野で活用されています。例えば、マーケティングリサーチにおける消費者行動の分析、具体的には商品やサービスに関連するキーワードの検索トレンドの増減を調査し、消費者の関心度や需要の動向を把握するために使用されています。

他にも、記事作成やSNS投稿、ブログ執筆時のキーワード選定。Googleトレンドを利用することで、現在注目されている話題やキーワードを把握し、トレンドに沿った内容の記事を作成することで、より多くのユーザーに情報を届けることができます。
また、株価の予測などにも使用されています。特定の企業名の検索トレンドが急上昇した際には、その企業の株価が動く可能性があるとされており、投資判断の一助となります。

以上のように、Googleトレンドは多くの場面で活用されており、その利用方法は各々の目的やニーズによります。

Googleトレンドの使い方

Googleトレンドは以下の手順で使用します。

  1. 検索トピックを選択します。「Googleトレンド」のホーム画面から検索窓に目的のキーワードを入力します。例えば「SDGs」や「カーボンニュートラル」など、調査したいトピックをキーワードとして入力します。
  2. 期間と地域の設定を行います。画面上部のメニューから「探す」または「急上昇」を選択します。

「探す」メニューの使い方

Googleトレンドの「探す」メニューでは、検索キーワードを入力して、その検索キーワードの検索数がどのように推移しているのかを時系列のグラフで表示できます。

検索行動の数は、興味をもって調べている人の数とも言えます。グラフを確認することで、どれだけ多くの人の興味関心を引いたのか、その興味は時を経るごとに増えているのか、減っているのかということが分かります。

比較ができる

あるキーワードに対して、他のキーワードがどのぐらい検索されているのかという比較ができます。

これによって、どちらの言葉がより認知度が高いか、検索されるかという比較ができます。

こうした情報はウェブマーケティングおいて、欠かせません。特に、検索キーワードの検索数や興味関心の推移などの情報は、マーケティング戦略やキャンペーンの立案において重要な指標となります。

「急上昇」メニューの使い方

Googleトレンドの「急上昇」メニューでは、現在急速に検索数が上昇しているキーワードやトピックを確認することができます。毎日の検索トレンドや、リアルタイムの検索トレンドを確認することができます。
また、トレンド情報をRSSで受け取ったり、HTMLに埋め込むタグの取得をすることができますので、特定のトピックのニュースを集めて確認したい場合にとても便利です。

Googleトレンドリアルタイム

Googleトレンドリアルタイム

期間と地域の設定

Googleトレンドでは、期間と地域を設定することができます。

地域と期間

期間は「過去1時間」から「2004年から現在」までの間で設定することが可能で、地域については「全世界」から「特定の国や地域」まで細かく指定することができます。

例えば、ある特定のキーワードが「過去30日間」で「日本」においてどの程度検索されていたのか、という情報を得ることが可能です。これにより、地域特性や時期によるトレンドの変動を把握することができます。
これらの設定方法を理解して活用することで、より精度の高い情報収集や分析が可能になります。

カテゴリの絞り込み

Googleトレンドでは、特定のカテゴリに関連するトピックを絞り込むことが可能です。具体的には、「アート、エンターテイメント」、「インターネット、通信事業」、「オンラインコミュニティ」、「ゲーム」、「コンピューター、電化製品」等、多岐にわたるカテゴリから関心のあるものを選択できます。

これにより、自分の興味・関心や、対象とする読者層の関心が高い分野に特化した情報を得ることができます。例えば、IT関連のブログを運営している場合は、「インターネット、情報通信」カテゴリを選択し、その中から話題となっているキーワードやトピックをピックアップするといった使い方が考えられます。

これらの絞り込み機能は、Googleトレンドの画面上部にある「カテゴリ」ドロップダウンメニューから設定できます。活用して、より関連性の高いトレンド情報を抽出しましょう。

Googleトレンドを活用した話題作りのテクニック

Googleトレンドはリアルタイムのトレンドを収集・分析することが可能で、これは最新の話題作りに非常に役立ちます。今最も注目されているトピックを把握できます。これにより、そのトピックに関連したコンテンツを迅速に共有することで、訪問者の関心を引くことができます。

関連トピックとクエリの活用方法としては、主なキーワードだけでなく、それに関連するサブトピックや検索クエリも把握できます。これらを活用して、より深く広い範囲のコンテンツを作ることで、多角的なコンテンツ作りに役立てられます。

トレンドを活用した興味集め

多くの人の興味関心が理解できれば、その興味を満たすコンテンツを作成することで、注意をひきやすくなります。

具体的なトレンドやクエリを把握することで、旬の情報を取り入れたコンテンツを提供することができます。これにより、訪問者の興味を引きつけ、サイトのトラフィックを増やすことができます。

トレンド予測と活用方法

Googleトレンドは、ウェブ上の流行やトレンドを予測するための強力なツールです。これを活用することで、次にヒットする可能性のあるトピックを予測し、コンテンツ戦略を事前に計画することが可能となります。

具体的な活用方法としては、まずGoogleトレンドで特定のキーワードや話題に関連する検索ボリュームの推移を確認します。これにより現在のトレンドが上昇傾向にあるか、または下降傾向にあるかを把握することができます。上昇傾向の場合、それがブームの始まりである可能性があります。

ブームの始まりを競合よりも早くつかみ、コンテンツや情報発信、サービスに反映することができれば、そのブームの波に乗ってビジネスが成長するチャンスが生まれます。このような兆候には特に注目して、ビジネスを伸ばす手助けとして活用しましょう。

キーワードプランナー

市場動向を把握するうえでGoogleトレンドは非常に役立ちます。しかし、具体的な検索ボリュームを知るためにはGoogleのキーワードプランナーが欠かせません。このツールは、特定のキーワードに対する検索数や関連キーワードの情報を詳細に提供し、データに基づいた適切なマーケティング戦略立案に寄与します。

マーケティング戦略

BuzzSumo

BuzzSumoは、特定のキーワードに関連するコンテンツの人気度を分析する上で優れたツールです。どのトピックがどの程度話題になっているか、ソーシャルメディアでの共有数を基にしたトレンド分析が可能。Googleトレンドで検索動向を把握した後、BuzzSumoでそのトピックの影響力や関心度を比較検討することは、効果的なコンテンツ戦略へと繋がります。

Googleトレンドの制限と注意点

Googleトレンドのデータには制限が存在しており、正しい解釈ができるようにしておくことが重要ということを理解しておく必要があります。

  1. データの解釈に関する注意 Googleトレンドのデータは絶対数ではなく、相対数を示しています。したがって、特定のキーワードの「検索回数」ではなく、「同地域・同時間における総検索数」に対するそのキーワードの検索回数の比率を示しています。このため、地域や期間による検索総数の差を無視して純粋にキーワードの人気度を比較することが可能です。
  2. プライバシーと法的考慮事項 また、Googleトレンドは個人を特定するような情報を提供していない点も理解しておきましょう。データプライバシーや法的な観点から、個人を特定可能な情報は排除されています。

Googleトレンドは、様々な視点から現在の「トレンド」を掴むための便利なツールです。しかし、その制限と注意点を理解した上で適切に利用することが求められます。

【参考情報】 出典元:https://anagrams.jp/blog/google-trend/

まとめ

Googleトレンドは、現在興味を集めているトピックや検索トレンドを把握するための非常に有効なツールです。

具体的な使い方や活用テクニックについて詳しく解説しましたが、これらを活用することで、自社のマーケティング戦略立案や新たな話題作りに役立てることができるでしょう。

著者情報

  • 生成AI: (ツールは匿名)

AIへの指示担当者

  • 名前: Y.O
  • 所属組織: GMOソリューションパートナー株式会社
  • 専門分野: 統計・分析

編集者情報

  • 名前:佐藤剛
  • 所属組織: GMOソリューションパートナー株式会社 サービス品質改善部
  • 専門分野: SEO/キャッチコピー/広告運用/導線最適化/広報
  • 連絡先情報: https://rank-checker.com/contact/

※クレジットカード登録不要
※管理画面内で有料プランに変更することができます

.content table th { width: 250px; } .u-mt60 { margin-top: 15px !important; } .content a:hover { font-weight: unset; }